Masa's blog

アクセスカウンタ

zoom RSS Windows機にSnow Leopard 10.6.3 をインストールする方法

<<   作成日時 : 2010/04/15 14:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

前回も書きましたが最近のiPhoneSDKの状況は以下の通り
・iPhoneSDK 3.1.3(Xcode 3.1.4) : 10.5 Leopard用
・iPhoneSDK 3.1.3(Xcode 3.2.1) : 10.6 Snow Leopard用
・iPhoneSDK 3.2.2(Xcode 3.2.2) : 10.6 Snow Leopard用 ←最新
という事で備忘録もかねてSnow Leopardのインストール方法を書きました。

画像


1.インストールを行ったPCのスペック


 ・MB:EP35-DS4 Rev 2.1 (BIOS:F6)
 ・CPU:Core 2 Quad Q9400 2.66Ghz (333x8@400MHz)
 ・Memory:2GBytes DDR2 800Mhz 1G x 2
 ・VGA:Winfast GeForce GTS 250 512MB
 ・Disk:すべてIntel SATA に接続
  ・ST3500320AS 500GBytes x 2 for Windows 7(RAID)
  ・Hitachi HTS722020K9SA00 200GBytes x 1 for Leopard GPT Partition
  ・Hitachi HDT721010SLA360 1TBytes x 1 for Snow Leopard GPT Partition
 ・光学ドライブ:HL-DT-ST DVDRAM GSA-H62N
 ・KB/Mouse:USB接続 (PS2接続だと問題ありげ)
 ・サウンドボード:マザボ内蔵以外にSoundBlaster XFIを使用しているが、Leopard上では使用不可

2.BIOS設定


BIOS設定は「BIOS SETTINGS FOR GA-P35-DS4 (BIOS F8)」を参考にしました。


100%このままでなければいけないことはないと思います。ポイントとしてはIntel(ICH9R)側もJmicron(Gigabyte Raid)側も両方AHCIにしておくことです。


また、インストール中BIOS設定がクリアされることがあるため、BIOS画面でF12キーを押し、BIOSの設定を保存しておくことをお勧めします。


AHCIにした事で、自分の場合Windows用のRAID0接続ディスクが一時的に使用できない状態になります。しばらくはWindowsで起動するときはRAID設定に戻す運用をしようかと。また最近のHDDは爆速なのでいずれ、RAID0は使わないようにしようと思います。もしくはSSD?夢は広がりますが....




3.Snow Leopard(10.6)インストール


 自分の場合、既にLeopard(10.5)がインストール済みであったため、LeopardからLeopardが入っているのと異なるHDDへSnow Leopard(10.6)をインストールしました。
 使用したSnow Leopardの媒体は10a432です。

3.1 Leopardがインストール済みではない場合は、ブートCDで起動


これは、自分が行った方法ではないので、可能か判りませんが、参考までにのせておきます。


1) ここのBootイメージ(ISO形式)をCDに焼いておき、それで起動します。


2) Chameleonが起動したらSnow Leopardが入ったDVDに入れ替え、F5(最新の状態に更新)キーを押す。すると、画面にSnow LeopardのDVDが表示され、それを指定する事によりSnow Leopardのインストーラが起動します。


3) インストーラが起動すると、Disk Utilutyが使用できるようになる。以下の3.2 1)を実行しパーティションをきります。×ボタンでDisk Utilityを終了し、インストール画面に戻りましょう。


4) インストールするディスクを選択し、インストールを実行する。


5) 3.3〜を行う。



3.2 Leopardがインストール済みの場合は、Leopard(10.5)側で、


1) 新しく接続したディスクにDisk Utilityで新たにパーティションをきります。
  ・自分の場合1partitionにしました。
  ・Volume名は任意
  ・FormatはMac OS Extended(Journaled)
  ・Optionsボタンをおすとパーティションの種類が選択できるので、GUIDパーティションを選択
  ・Apply(適用?)ボタンで実行


2) Snow LeopardのDVDをドライブに入れます。自分の場合、DVDイメージをdmgファイル(Isoファイルのようなもの)にしていたので、これをダブルクリックしてマウントしました。


3) Snow LeopardのDVDの/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkgを実行します。隠しファイルをすべて表示できるようになってないと、Finder(Macのエクスプローラ)から実行できません。 →隠しファイルを表示する方法

Terminal(コマンドプロンプト)から以下のコマンドを叩いてもいけます。
 open /Volumes/Mac\ OS\ X\ Install\ DVD/System/Installation/Packages/OSInstall.mpkg


4) インストーラの指示に従い、インストールします。インストールするディスクの選択を間違わないように気をつけましょう。ちなみに、たまにですが、インストール対象のディスクが選択できないことがありました。そのとき、OSInstall.mpkgではなくOSInstall.pkgの方を一度起動してからすぐ終了し、再度OSInstall.mpkgを起動すると、選択できるようになりました。なんででしょうね?


5) 自分の場合、インストールは10分程度で終わりました。



3.3 Chameleon 2.0 RC4のインストール


1) ここからChameleon 2.0 RC4をダウンロードし、実行する事によりインストールができます。同様に対象のHDDを間違えないように気をつけましょう。


2) ここまでくると、対象HDDに/Extraディレクトリが出来ているのが判ると思いますので、Finderなどで確認してください。



3.4 必要なkextやその他のファイルのインストール


いろいろなkext、DSDT.aml、com.apple.Boot.plistを、あちこちからかき集め、動くもの動かないものを選別しました。自分用の/Extraの中身をここにアップしておきます。これの中身をすべてSnowLeopardをインストールしたドライブの/Extraに突っ込むことで、ALC889a(マザボのサウンド)もVGA(GTS 250)もQE/CI含めて有効になります。※環境により、com.apple.Boot.plist,smbios.plistを修正する必要があります。


これの中身


Kextたち
 fakesmc.kext
 HDAEnabler.kext <-- ALC889aサウンド用
 IOAHCIBlockStorageInjector.kext <-- ICH9Rが2番目以降のHDコントローラのために外付けHDと認識され、画面のHDDアイコンがオレンジ色のディスクになってしまうのを修正する
 LegacyHDA.kext <-- ALC889aサウンド用
 NullCPUPowerManagement.kext
 NVEnabler 0-1.1.kext <-- GeForce GTS 250用
 OpenHaltRestart.kext
 PlatformUUID.kext
 SleepEnabler.kext

DSDT.aml <-- EP35-DS4用に最適化されているらしい。詳細はここを参照。


smbios.plist <-- これ必ず修正してください。特にSMmaximalclockは、オーバークロック設定(3.2GHz)になってます。


com.apple.Boot.plist <-- Graphics Mode(1920x1200x32)を自分のディスプレイに合わせて修正。device-properties(16進並んでる部分)がEFIStringによるVGAカードの設定です。osx86 tools や efistring などにより生成された16進の羅列をここに突っ込むといいようです。自分の場合は多分NVEnabler.kextによって動作しており、ここの部分を変更しても効果ありませんでした。



VGAはQE/CIも有効になります。その他、FireWireなどが使用可能かどうかは確認してません。自分の環境に合わないと、初回起動画面でKP(カーネルパニック)になったり黒い画面、または水色の画面で何も映らないという状態が発生します。また、EFI StringによりVGAを有効にすることはできましたが、この場合QE/CIが有効に出来ませんでした。これが有効にならないとDVDすらみられないそうです


 

3.5 再起動


ここまできたら、Snow Leopardの媒体をDVDドライブから取り出し、再起動します。再起動時、F12を押して起動するドライブを指定します。



4 起動後


これで、ほぼ完了です。起動後WELCOME動画がみられれば成功です。製品(ユーザー)登録画面ではWindowsキー+Qを投入するすると、SKIPできます。日本語入力(ことえり)やキー配列など色々Windowsとは異なる事があって大変ですが、MAC特有のGUIなどは、Windowsばかり使っていたユーザには面白くてしょうがないです。じっくりお楽しみください。


また、自分の場合、LANの設定に関しては何も聞かれませんでしたが、DHCPにより自動的にIPが振られて、そのままインターネットへ接続できる状態となりました



5 "10.6.3"へのアップデート


10.6.3へのアップデートはSoftware Updateからもできるようですが、自分の場合、統合(Combo)アップデートをダウンロードして行いました。VGAやサウンドなど問題が出る場合もあるようですが、自分の場合、何も問題なく終了しました。まだ使い始めて数時間なので、今後何が不具合がでるかわかりませんが・・・




6 Windowsユーザ向けTIPSとつぶやき


まず、はじめにやったこと


1) FinderのPreference(英語で使っているので日本語表示不明)でデスクトップに表示するものを設定できます。自分の場合、「Hard disks」「Connected servers」をすぐに追加しました。また、Advanced設定で「すべての拡張子を表示」、「ゴミ箱のシュレッダー化」などが指定できます。これで、デスクトップ上にあのうらやましかった、格好いいHDDのアイコンが表示される!!。


2) Finderが表示されている状態でWindows+Kボタンを押すとFTPサーバーやSambaサーバーに簡単に接続できます。アドレス部分で、ftp://アドレス や smb://アドレス として入力します。ただしFTPはアップロードできません。ダウンロードのみ。なんで?


キー入力関連


半角/全角キーでFEPの入力切り替えが出来ないのは非常に大変。と思っていましたが、ことえりの言語バー?(タスクバー上の時計の隣に表示されているやつ)を右クリックし、Preferenceで、Windowsライクな入力設定が可能です。またCapsキーを半角/全角キーの代わりに使用することも、ここで出来ます。これで、多少ですが煩わしさがなくなります


画面ハードコピーはWindowsの場合、ALT+PrintScreenでクリップボードに画像が格納されます。MACの場合はShift+Windows+3で自動的にデスクトップ上にPNG形式のファイルが作られます。Shift+Windows+4を押し、マウスで範囲選択することも可能です


中点「・」の打ち方。全角入力モードにしてALT+/(?,/,め)キーです


その他


2) 自分の場合、Microsoftのマウスを5ボタンマウスを使っています。これもMAC用のドライバがあるので、5ボタンで使う事が出来ました。SAFARI(MACのIE)で、「戻る」ボタンを押してみてください。「押す直前にSafariが勝手に戻った!」と錯覚するぐらい、すごいスピードで前画面が表示されます。


ってか、MACってUNIXライクなんですね?!?! いやびっくりです。今まで知らなくて驚きました










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の Mac OS は、FreeBSD ベースですよ、たしか。
re
2010/05/15 12:28
そうですね,Mac OS X は「UNIX ライク」ではなく,UNIX です。Free BSD を Mac OS ライクにした,という感じだと思います。
autumn
2010/05/15 12:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Windows機にSnow Leopard 10.6.3 をインストールする方法 Masa's blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる